• WEB放送局
  • 無料税務相談の日程
  • 山梨県会
  • リンク集
  • 会員専用ページ ログイン
  • 税理士記念日
  • 全国統一ポスター
  • 税理士会CM
  • 税理士はあなたの頼れるパートナー。
  • 社会保障・税番号制度
  • 消費税法改正のお知らせ(社会保障と税の一体改革関係)
  • 相続税・贈与税
  • 国税庁
  • 確定申告特集
  • 年末調整がよくわかるページ
  • 東日本大震災
神奈川県避難者向け情報
  • e-Tax
  • 文書回答制度
暮らしと税
NISA口座開設時の注意点は<平成26年10月>

テレビのCMなどによると平成26年1月から、上場株式等の譲渡益等が非課税とされるNISA口座が始まっているようですが、新たに始めようとする場合の注意点はありますか。



ご指摘のように、平成26年1月からNISA口座(少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得の非課税制度)の運用が開始しています。

この制度は、NISA口座に預け入れた上場株式等から生じた配当及び譲渡益について、最長10年間所得税を課さないというもので、投資の限度額は新規投資で年100万円までで、それを5年間行うことができることから、最高で500万円投資できることになります。

注意点としましては、年間の新規投資額が100万円未満であった場合に、使い残した未使用額を翌年以降へ繰り越すことは認められず、売却した部分の再利用もできないこととなっていることです。

また、仮にNISA口座で譲渡損が生じた場合、他の口座(一般口座・特定口座)で生じた譲渡益や配当との損益通算(譲渡益等と譲渡損との相殺を認める取り扱い)はできないことにもご注意ください。(NISAでは譲渡損がなかったものとして取り扱われます。)

一方、一般口座及び特定口座間では従来通り損益通算が認められることから、既に他の口座で株式投資を行っており、新たにNISA口座を開設しようとする場合には、新規購入する銘柄について、どちらの口座へ預け入れるかを慎重に判断する必要があります。

この他、一定の手続きを行うことにより、毎年違う証券会社等を利用することができることとなっていますので、使い勝手も柔軟性も考慮していると思われます。

(東京地方税理士会税法研究所・研究員 嶋 協)


[←前の記事] [暮らしと税TOP] [次の記事→]